忍者ブログ
量り売り・店頭精米のお米屋 

* admin *  * write *  * res *
[23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13
<<08 * 09/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  *  10>>




秋田県大潟村でお米を作られている田中尚貴さんがお店に来てくださいました。

お若い方で、屈託がなくエネルギッシュな方でした!

去年取り扱いを始めて今年も既に入荷しております「あきたこまち」の生産者さんでして
こちらは特別栽培米認証で化学農薬100%減、化学肥料100%減のものです。

父が田んぼをやっている時から農薬はほとんど使わなくて済んだらしく、土壌の質が元来良かったのかもしれません。
とおっしゃってました。

農法は自然栽培に近く肥料は少量の有機肥料(鶏糞ペレット)のみだそうです。
(つい最近秋田県の肥料会社で偽装問題がありましたが、そちらの肥料は使用しておりません。
証明書もいただいておりますので、気になる方はお店まで起こしください)

そして私も既に試食しており去年より食味がいいなと感じてましたが、やはり今年は生育が順調にいき出来がいいみたいです。
というより去年は出穂時の強風によって生育に悪影響があったとのことです。

更に朗報ですが、今年からササニシキの販売をさせていただけるようになりました!
そして何と、無肥料です!
しかもJAS有機認証です。

無肥料のササニシキって実はすごい価値があるんです。
僕もずっと扱いたいなと思ってたお米なんですね。

そもそもササニシキ自体が希少銘柄になってるのと、最近その価値が高まっている無肥料栽培の組み合わせってのは珍しいんですね。
そのため価格もものによっては凄い高かったりするんです。

しかし田中さんのお米はあきたこまち同様リーズナブルです。
玄米1kg640円の予定です。

田中さんに、こんなに安くて大丈夫なんですか?
と質問したところ
???というような顔をされまして

無肥料なんだから本来価格は安くなって当たり前ですよね、と。


結局、自然栽培(無肥料栽培)が高くなる一番の理由はその生産高にあるので、そこに問題がなければ自ずと価格は下がるはずなんですね。

で、実際田中さんの圃場では「あきたこまち」より「無肥料ササニシキ」の方が何故か収量が高いそうで、それも慣行栽培と同じような収量があるそうです。
土壌がとの相性が良いみたいで、これを機に来年からもっと栽培を増やす予定とのことです。

ササニシキは来週あたり入荷予定ですので、もう少しお待ちください。

最後にカッコイイ写真をひとつ。

 

これは表層剥離という、土中のバクテリアが有機物を分解する時に発生するガスが表層に浮き上がる現象への対策で、ホバークラフトというボートのみたいのに乗っている田中さんの雄姿です。
ムフフ emojiemojiemoji









拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

管理人のみ閲覧可能にする    
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
 藤澤直樹
年齢:
48
HP:
性別:
男性
誕生日:
1970/08/26
職業:
食品小売店
バーコード
ブログ内検索
P R
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: (有)藤沢商店のブログ  All Rights Reserved